好きな音楽とその他

好きな音楽やその他気になる話題を不定期に書いていきます。ライトな宇野昌磨選手のファンです。

動物愛護

正真正銘のメロディ


私が好きなアーティスト、5本の指に入るかも♪ていえるアーティストがTRAVIS
20210419_204315

画像はこちらからお借りしました。

https://news.mynavi.jp/article/20201012-1403611/



昨年に発売されたTRAVISのアルバムはフラン自身が全曲(10曲)書いた作品です。
それが「10Songs」

今は一つのアルバムに複数のアーティストがコラボしてる事が当たり前のようにあるけど、10Songsは他のアーティストとのコラボはなしの、一人で書いた正真正銘のメロディ、作品です。
TRAVIS「10Songs」
_SY780_



いきなりこの美メロに引き込まれました。
TRAVIS-waving at the window
TRAVISの作品は、美しくて優しいメロディ、切なさと誠実さと温かみが作品全体に詰まっています。
音にも愛情を感じ、胸にぐっとくるものがあります。
昔、来日コンサートにも行ったけれど、本当に誠実さが突き刺さるようなパフォーマンスに熱くなりました。

コロナの収束がいつになるのか。
不安な毎日がいつまで続くのか。
関西、変異株で感染が広がってマジでヤバイね( ;∀;)
自分なりにどう生活を楽しみ生き抜くか。
感染対策をして、その中でやりたい事、できる事やって乗り越えないと。

まずは、やるべき事。
犬・猫を保護している保護施設のボランティアの更新手続きをしたよv(´▽`*)
健康に気をつけてまた頑張らないと!

でも、緊急事態の要請が通ったら、もしかしたらボランティアがまたできなくなるかもだけど。
でもいつでも行ける準備はしてるから、猫さんたち待っててね。
ボランティアの内容は言ってはならないので、書くことはできませんが、本当に身を削りながらスタッフさんたちが、懸命にワンちゃん、猫ちゃん達を保護されてます。


新しい家族を待ってる子達がいっぱいいます。
救える命があるなら助けてほしい。
また、遠くからでもできる支援があります。
どうか、こちらをクリックして確認してみてくださいm(_ _)m

動物への思いやり

動物に対する思いやり。
持ち方はそれぞれだけど、出来る事をやろうとしない人が多い中で、芸能人の立場から発信してくれるのはありがたい。


二階堂ふみさんと水川あさみさんです。
img-0871-1606213219


昨年の記事です。

https://www.elle.com/jp/fashion/fashion-column/a34683158/focus-on-vol-6/

アニマルフリーのファッションが当たり前になりますように。
切に願います。


今日は二階堂さんが、TV徹子の部屋に出演されてましたが、動物福祉の関心が高く、毛皮やレザーなど使わないアニマルフリーのファッションを選んでいたり、保護動物の事や、お肉の代わりにソイミート(大豆ミート)を代用したメニューなどを公開されてました。
押し付けではなく、自分が動物が好きで、情報を辿るうちに、今ここに至る考えを素直に発信しているところに好感を持てました。

私は、芸能人や有名人の方がヴィーガンやベジタリアンを実践されているのを利用して、これからはヴィーガンの時代、あなたも目指しましょう!みたいなノリで、有名人を利用して押し付けるようなアプローチには気を付けたいと思います。

私も動物や環境問題を取り上げるときに、自分の考えを押し付けるために有名人を利用しているような発信をしてきたかもしれません。
そのようなつもりはなくとも、受け止める側がそう感じても、それを無理に訂正したり、自分に賛同させようという気持ちはありません。

例えば、お肉をやめるかやめないか、ヴィーガンになるかならないか、線引きするかしないか。
選択肢は自由で、押し付けにならないようにらどう伝える事が望ましいか。

二階堂ふみさんと水川あさみさんも言われてるように、伝え方を考えて発信する事は大事だなと思います。



私は毛皮問題から始まり、動物や環境問題を知るようになり、ヴィーガン生活をしていた時期があったけれど、ヴィーガンはやめました。
環境的に難しかったし、体調面にも影響あったからです。
またアニマルライツ活動の中でヴィーガン同士の確執や差別もあり、違和感を感じました。

ヴィーガンをやめてからも、お肉を頂く気にはならなくて食べないようにしてます。
今は自分の心の声に従います。


二階堂さんはペット問題にも関心高く、保護犬を迎えいれたり、ペットの法改正にも声をあげてくださってました。
我が家のねこちゃんたちは、元仕事の同僚が個人で保護された子と私が自分で保護した子です。
20190427_190143

身近なペット問題でも無関心で、いまだに動物を破棄したり、センターに持ち込んだり、育てられないと手放す無責任な飼い主があとを絶ちません。
ペットを迎え入れる前に考えて欲しいと切に願います。


それから、ペットを初めて迎え入れる上で、里親になるにはハードル高いため、生体販売に頼る方の気持ちも分かります。

しかしペットショップではその子たちがどんな環境で育ったのか、親やきょうだいの状況など実態が分からないし、劣悪な環境から来た可能性があります。
ペットショップに行く前に「パピーミル」で検索してください。




生体販売にはなりますが、宇野昌磨選手の家族様は信用できるブリーダー様から迎えいれてます。
ペットショップに委託をせず、飼い主に渡った後もワンちゃんのフォローができる体制が整っている良心的な場所であれば安心ですね。

いつの間にか宇野家のワンちゃんが3頭に増えてます!
こちら、ワンちゃんの様子がみれますが、非常に癒されます(^-^)
愛情かけて大切に育てられているのが伝わります。

ペットショップに行く前に


最近、宇野昌磨選手というか弟の樹くんの愛犬、トロちゃんの影響でトイプードルをお迎えしたという事でSNSで画像をUPしてるファンを見かけた。
どこからお迎えしたのかは詳細はわかりませんが、ペットショップでないことを祈ります。

宇野トロちゃんとは?
表紙の子が宇野トロちゃんで、2月13日頃に発売予定です。
20210116_231040


こんな可愛い子をみたら簡単に影響される人はいるだろうし、誰かがトイプードルを迎えたら、自分もペット飼いたいて衝動にかられる人もいるだろう。
私が不安に感じてるのはペットショップで衝動買いする人が現れないかどうかです。
自分の推しに影響される気持ちは理解できますが、もし、これからペットショップに行こうと思われてる方がいたら、どうかやめて頂きたい。←押し付けと言われても本当にこれ以上、不幸な動物を増やしたくないから。

ペットショップの裏側でおこっている、過酷な現状をどうか無視しないでほしい。
動物は自分の楽しみや娯楽優先で動物の事を考えてない人が多いのかな?残念だ。
動物福祉に意識低い人が多いと感じます。


以前、こちらでも、ペットショップで購入する事は知らないうちに、虐待に加担してしまう可能性があることを最後の方で書かせて頂きました。




海外セレブの方は精力的に動物や環境保護について発信してくれている方がいます。
ビリー・アイリッシュもその一人。彼女が言うように、動物は完成されたものであり、そっとしてほしいという考え方は素晴らしい。

海外では動物はシェルターから受け入れるのが主流です。
ビリーも子犬の里親になってます。
また海外セレブたちが一時預かりを推進してくれたりして、動物の為に良い発信をしてくれてありがたい事です。



ビリー・アイリッシュは境保護問題をテーマにした曲を発表してました。
Billie Eilish - all the good girls go to hell



実際に環境保護に関する取り組みも精力的にされてましたし、できた10代だな。


そして、ビリーはヴィ―ガンでもありますが、「押し付けはしない」という基本スタンスを守られてるところに好感持てます(^-^)

休日の過ごし方 

昨日は日曜日の休日でした。
8月からある動物保護施設のボランティアに行ってます!
ボランティアは車で通ってるので、音楽聴きながらちょっとしたドライブ時間も楽めてます♪
とはいってもハードな作業があるので無理のない程度に通ってます。
ボランティアの内容は詳しくは言えませんけど、犬猫合わせて550頭ほどの子がいて大きい規模の施設に行ってます。
私はねこちゃんの場所でお手伝い入ってます。
私の場合は自分の自由がきく日を選んでボランティアで行くから、自分のペースでできますが、スタッフさんはかなりの重労働で毎日大変だと思います。

ワンちゃん、ねこちゃんの数を考えたらマンパワーは必須です。
そして多くのワンちゃん、ねこちゃん達が新しい家族との出会いを待ってます。
見学もできるので是非いらしてください。
また遠くからでも支援できることがあります。
こちらを覗いてみてください。

オジー・オズボーン、猫の爪の除去手術に反対するキャンペーンに賛同


猫の爪を除去するなんておかしいし、間違っているよ。自宅のソファが猫の健康や幸せよりも大切だと言うなら、動物を飼う資格なんてない! 猫に爪とぎ棒を買ってあげてほしい。爪を一生除去するなんてことはしないでほしいんだ

オジー・オズボーン

IMG_20200202_173151




それよりオジー、体調は大丈夫ですか?(。´Д⊂)

そう言えば9年ぶりに新作も発表されてますね!
昔から声、変わらないねぇ♪
OZZY OSBOURNE  Under The Graveyard 



ギャラリー
  • くろちゃんのその後
  • 届きました!Yunka「Re:set」
  • その後のその後。
  • その後のその後。
  • その後のその後。
  • ペット業者の生後56日以下の犬猫の販売廃止に!
  • Crystal Waters 
  • 本格的なSoulシンガー現る
  • 本格的なSoulシンガー現る
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ