好きな音楽とその他

好きな音楽やその他気になる話題を不定期に書いていきます。ライトな宇野昌磨選手のファンです。

ナイン・インチ・ネイルズ

El-Pとトレント・レズナーのコラボ

今日はアメリカのラッパーEl-P(エル・P)について。
私が知ってる作品は2007年発売のアルバム「I'll Sleep When Your Dead」

アルバムジャケットです。
_SY1000_



El-Pはアメリカのラッパーです。
9b12aaba

画像はこちらからお借りしました。
https://acclaimmag.com/music/interview-el-p-run-jewels/


元々、El-Pはカンパニー・フロウというグループで活動していて、NY地下ヒップホップで人気を得ていたそうです。
その当時は無知で知らなかったです。
2013年にはキラー・マイクとラン・ザ・ジュエルズを結成し成功を納めてます♪
El-Pはラッパーであると共に、シンガーソングライターとしては勿論、レコードレーベルを設立するなど、幅広く活躍し音楽界に貢献されてます。
ざっくりしてる事情ですが、興味ある方は調べてください(^^;←丸投げしますw
これ以上、しったかぶりでいるのは限界ですw

私がEl-P(エル-P)を知ったきっかけは、ソロアルバム「I'll Sleep When Your Dead」の中にある曲「Flyentology」でした(*´・∀・)ノ

なんと、ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーとコラボしてるんですよ!
トレントが関わるものを聴きたい衝動がかなり働いていた時期でもあり、情報を得たときにアルバムを購入したのが懐かしいです♪


こちらがEl-Pを知ったきっかけの曲です(*´ェ`*)っ
El-P ft.Trent Reznor - Flyentology

ジャンルを越えて、それぞれの化学反応が新たな音楽をつくるんだという、普段聴かないジャンルを開拓する楽しさを感じた作品です。
そして聴きたい音楽を探求するのが楽しくなった時期でした!
トレント・レズナーは自分の人生にあらためて、音楽を通じて影響与えてくれたアーティストだと再確認できました

ナイン・インチ・ネイルズ&ボウイ・バンドのメンバー 「Fashion」のパフォーマンス映像公開


1月9日に開催されたデヴィッド・ボウイのヴァーチャルトリビュートコンサートの配信はチケットを買えず、観れませんでした。

しかし、一部分とはいえ、ナイン・インチ・ネイルズ&ボウイ・バンドのメンバーによるパフォーマンス動画が観れるなんて感激です。
トレントありがとう(T-T)



トレント様、カッコいいww

昔のヘアスタイルに戻した?
カッコいい!!勝手にコラージュしたわw
20210127_201706


20210127_201627
20210127_201544
20210127_201523

NINパーカー

最近のお買い物。
NINパーカー 注文したよv(´・∀・`*)v


20210109_200806

20210109_200953


こちらから買えます(*´∀`)つ
欲を言えば白かグレーがあれば良かったけど、選択肢は黒しかないから仕方ない。
届くのを楽しみに待ちます!



そして明後日の13(水)はMIZUNOの宇野昌磨選手コラボレーションアイテム第3段の受付開始( ̄ー ̄)
1200_628

あんまり買えないかもですが、スウェットの下は確定です!
特典の詳細が出たら悩むかもな。


最後にNINの曲を貼り付けます♪
Nine Inch Nails - Big man with a gun
何でお怒り曲を選ぶの?w
いつ聴いてもスカッとするから♪初めて聴いた時、怒りが爆発したらこんな音になるんか!!て、衝撃で震えました。。
音楽でそういう経験は初めてだった。



こちらは貴重なライブ映像です!
YouTubeの神様、ありがとうございます!
https://youtu.be/8SWu0Ubf7Oo

今日は誰の誕生日?

今日は故・デヴィッド・ボウイの誕生日
20210108_215303



ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーがデヴィッド・ボウイについて語られてます。
20210108_221409
疲弊していただろう時期のトレントにこの笑顔。。本当によき共演だったな。



デヴィッドが亡くなった時にも追悼の言葉を語られてました。
今でもトレントにとっては恩師であり、デヴィッドからの影響は今でも彼の創作意欲をかきたてる力になっているんだな。
トレントにとって心身共に疲れて休養するべき時期にあるところに、ツアー同行のオファーを受けて一緒に過ごした時間が、彼にとって音楽人生のどん底から立ち直る手助けにもなっていたんだと改めて再確認した。
トレントは壊れていた時期でも、大事な事は忘れずに大切にしていたのだなと思うとうるっときます。



改めて斬新!!

いつも新しい流れの先端をいってたアーティストだなと改めて思う。David Bowie - Ashes To Ashes

そして、今週末はデヴィッドの誕生日イベント配信です♪凄い豪華な面子が参加します!勿論トレントも!
チケット取れた人がうらやましいな。。



ていうか。。宇野昌磨選手の弟氏(樹君)はデヴィッド・ボウイと同じ誕生日や!!(*゚Д゚*)
おめでとうございます!
20210108_220929
https://www.instagram.com/p/CJv8Y8BJzYp/?igshid=pdacd82w3j2h





※1/12 追記 自分用

映画「Mank」とMIZUNOショップでお買い物

12月9日(水)映画「Mank」を観てきました(*´・∀・)ノ



何と新風館の地下にある劇場でも上映中で、行ってきました☆

正直いうと先にネタバレを知ってから観たら良かった。

普通はネタバレなしが常識みたいな風潮あるけど、戦前のアメリカ、ハリウッドの事や、ナチスの事など社会情勢の知識なしでは入りにくいかもしれない。
特に私は教養がなく、頭がポンコツな人間だから、ネタバレされても、理解が難しく感じるレベルでありました(汗) 


なんやかんや社会派ドラマでした。
1930~1940年代の戦前のアメリカ。
実話を映画にしたやつで、「市民ケーン」の映画の脚本家が主人公であります。
実際は二人で作った脚本です←二人て誰やねん?w
当時は映画、マスコミ(新聞社)を通じ、人々は情報を得たり娯楽を楽しんでいたと思いますが、やはりこの時代は政治情勢を持ち込み、当時のマスコミ、権力者の都合の良いプロバガンダが映画にあったわけで。。二時間の暗闇の中(映画館)で人々はそれを信じるわけであります。
今のTVと一緒じゃん!
今も昔も発信する側の偏向報道や捏造は時代を越えて繰り返されているなと実感しました。

エンタメビジネスと関わる人間関係や、政治的圧力の中で社会主義か共産主義か?を問いただし、自分を貫く事の険しい道。
ドンキホーテのくだりは、例え話しであれど、権力者にとっては都合の悪い暴かれたくない真実であった。
また他にも例え話しが絶妙なシーンがいっぱいあり、回想シーンや訪ねてきた人たちとの対話が哲学的でもあり、これって何を意味するのかな?て考え込んでいるうちに、会話は遥か先に進み、取り残されてしまいうのだwその為、内容が入らなくなることも度々( ̄▽ ̄;)←これは私の理解力がポンコツすぎだからですがw

この映画はある程度の下調べや教養なしでは、理解しきれない。
アメリカの社会主義と共産主義は何ぞや?て事も知ってから観た方がよいと思いました。

結局『市民ケーン』の脚本は絶賛されたものの、色々と圧力がありました。
それでもクレジットに名前を入れてほしいと、怯まないマンクの本気がみられた。
あんまり詳しく書けませんが、ラストシーンも良く出来てたと思います。

そして劇中のモノクロ映像の陰影の出し方や、音響が効果を発揮してました(*´・∀・)ノ
回想シーンには度々、スウィングジャズの音楽が使われていて、会話のテンポや当時の活気のある姿を引き立てていたし、またピアノベースのインスト曲になると、登場人物の会話だけでは現せない、目に見えない心情を音が代わりに訴えてるかのようで、音楽の効果がすばらしかった!!
こちらはサウンドトラックです♪
音楽を手掛けたのは、あの、Nine Inch Nailsのトレント・レズナー&アッティカス・ロスです( 〃▽〃)
「Mank」の世界観、またアメリカの戦前をリアルに感じる世界観を作り上げていて、トレントとアッティカスの音楽の引き出しと創造性の高さに、ただただ凄いとしか言葉が出てこない。
映画を観るきっかけはトレントにありでしたからw♪



そして映画を観てから、場所を移動してお気に入りのカフェでヴィーガンタコライスを頂きました(^o^)20201209_131843

店の詳細はこちらを参照に☆


そしてMIZUNO新京極店により、ブレスサーモのパーカーを購入!
20201210_085329
店員さんから「宇野くん好きですか?」と聞かれ「はい、宇野選手、好きです!」と答えたら、「ファイル、最後の一枚です。良ければ。」と、一緒に入れてくださいました(*´▽`*)
持っていないファイルだったので嬉しかったです(。uωu)♪


「Mank」パンフレットは販売なし( ;∀;)
これだけもらってきました。
20201210_085400



最後に「Mank」の音楽を手掛けたトレント・レズナーのインタビューです♪
やはりトレント・レズナーは知性的で、語る内容が奥深い。
何度も読み返したいと思います。


★リンク追加

ギャラリー
  • くろちゃんのその後
  • 届きました!Yunka「Re:set」
  • その後のその後。
  • その後のその後。
  • その後のその後。
  • ペット業者の生後56日以下の犬猫の販売廃止に!
  • Crystal Waters 
  • 本格的なSoulシンガー現る
  • 本格的なSoulシンガー現る
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ