好きな音楽とその他

好きな音楽やその他気になる話題を不定期に書いていきます。ライトな宇野昌磨選手のファンです。

動物 環境

ペット業者の生後56日以下の犬猫の販売廃止に!


やっと、やっと、やっと!!!
生後8週以下の子犬、子猫の販売が廃止になりました!!!
何年も前から8週規制を望む声が上がってました。
多くの活動家さんや動物愛護に関心ある人たちがWebで署名活動されたり、色んなかたちで訴えてこられました。

小泉環境大臣についてはセクシー発言やレジ袋有料化など、発想が酷くて期待はしてなかったけれど、ペット販売の8週規制が実現した件に関しては評価いたします。


奥様の滝川クリステルさんは、愛犬家であり、ペット業界の闇、悪質なブリーダーの実態などを訴えておられました。
動物愛護に関心高く殺処分反対、動物福祉の改善や人と動物との共存について進撃に向き合い、発信されてす。

国内では動物福祉が低いし、みんなの意識もまだまだ低いと思います。
ペットショップに行く前に、ペットショップの闇やパピーミルで検索してほしいと思います。

正真正銘のメロディ


私が好きなアーティスト、5本の指に入るかも♪ていえるアーティストがTRAVIS
20210419_204315

画像はこちらからお借りしました。

https://news.mynavi.jp/article/20201012-1403611/



昨年に発売されたTRAVISのアルバムはフラン自身が全曲(10曲)書いた作品です。
それが「10Songs」

今は一つのアルバムに複数のアーティストがコラボしてる事が当たり前のようにあるけど、10Songsは他のアーティストとのコラボはなしの、一人で書いた正真正銘のメロディ、作品です。
TRAVIS「10Songs」
_SY780_



いきなりこの美メロに引き込まれました。
TRAVIS-waving at the window
TRAVISの作品は、美しくて優しいメロディ、切なさと誠実さと温かみが作品全体に詰まっています。
音にも愛情を感じ、胸にぐっとくるものがあります。
昔、来日コンサートにも行ったけれど、本当に誠実さが突き刺さるようなパフォーマンスに熱くなりました。

コロナの収束がいつになるのか。
不安な毎日がいつまで続くのか。
関西、変異株で感染が広がってマジでヤバイね( ;∀;)
自分なりにどう生活を楽しみ生き抜くか。
感染対策をして、その中でやりたい事、できる事やって乗り越えないと。

まずは、やるべき事。
犬・猫を保護している保護施設のボランティアの更新手続きをしたよv(´▽`*)
健康に気をつけてまた頑張らないと!

でも、緊急事態の要請が通ったら、もしかしたらボランティアがまたできなくなるかもだけど。
でもいつでも行ける準備はしてるから、猫さんたち待っててね。
ボランティアの内容は言ってはならないので、書くことはできませんが、本当に身を削りながらスタッフさんたちが、懸命にワンちゃん、猫ちゃん達を保護されてます。


新しい家族を待ってる子達がいっぱいいます。
救える命があるなら助けてほしい。
また、遠くからでもできる支援があります。
どうか、こちらをクリックして確認してみてくださいm(_ _)m

動物への思いやり

動物に対する思いやり。
持ち方はそれぞれだけど、出来る事をやろうとしない人が多い中で、芸能人の立場から発信してくれるのはありがたい。


二階堂ふみさんと水川あさみさんです。
img-0871-1606213219


昨年の記事です。

https://www.elle.com/jp/fashion/fashion-column/a34683158/focus-on-vol-6/

アニマルフリーのファッションが当たり前になりますように。
切に願います。


今日は二階堂さんが、TV徹子の部屋に出演されてましたが、動物福祉の関心が高く、毛皮やレザーなど使わないアニマルフリーのファッションを選んでいたり、保護動物の事や、お肉の代わりにソイミート(大豆ミート)を代用したメニューなどを公開されてました。
押し付けではなく、自分が動物が好きで、情報を辿るうちに、今ここに至る考えを素直に発信しているところに好感を持てました。

私は、芸能人や有名人の方がヴィーガンやベジタリアンを実践されているのを利用して、これからはヴィーガンの時代、あなたも目指しましょう!みたいなノリで、有名人を利用して押し付けるようなアプローチには気を付けたいと思います。

私も動物や環境問題を取り上げるときに、自分の考えを押し付けるために有名人を利用しているような発信をしてきたかもしれません。
そのようなつもりはなくとも、受け止める側がそう感じても、それを無理に訂正したり、自分に賛同させようという気持ちはありません。

例えば、お肉をやめるかやめないか、ヴィーガンになるかならないか、線引きするかしないか。
選択肢は自由で、押し付けにならないようにらどう伝える事が望ましいか。

二階堂ふみさんと水川あさみさんも言われてるように、伝え方を考えて発信する事は大事だなと思います。



私は毛皮問題から始まり、動物や環境問題を知るようになり、ヴィーガン生活をしていた時期があったけれど、ヴィーガンはやめました。
環境的に難しかったし、体調面にも影響あったからです。
またアニマルライツ活動の中でヴィーガン同士の確執や差別もあり、違和感を感じました。

ヴィーガンをやめてからも、お肉を頂く気にはならなくて食べないようにしてます。
今は自分の心の声に従います。


二階堂さんはペット問題にも関心高く、保護犬を迎えいれたり、ペットの法改正にも声をあげてくださってました。
我が家のねこちゃんたちは、元仕事の同僚が個人で保護された子と私が自分で保護した子です。
20190427_190143

身近なペット問題でも無関心で、いまだに動物を破棄したり、センターに持ち込んだり、育てられないと手放す無責任な飼い主があとを絶ちません。
ペットを迎え入れる前に考えて欲しいと切に願います。


それから、ペットを初めて迎え入れる上で、里親になるにはハードル高いため、生体販売に頼る方の気持ちも分かります。

しかしペットショップではその子たちがどんな環境で育ったのか、親やきょうだいの状況など実態が分からないし、劣悪な環境から来た可能性があります。
ペットショップに行く前に「パピーミル」で検索してください。




生体販売にはなりますが、宇野昌磨選手の家族様は信用できるブリーダー様から迎えいれてます。
ペットショップに委託をせず、飼い主に渡った後もワンちゃんのフォローができる体制が整っている良心的な場所であれば安心ですね。

いつの間にか宇野家のワンちゃんが3頭に増えてます!
こちら、ワンちゃんの様子がみれますが、非常に癒されます(^-^)
愛情かけて大切に育てられているのが伝わります。

元ノラ猫たちによるヘヴィ・メタル・バンド、デビュー・シングルをリリース

昨日、エイプリルフールのニュース!
でもフェイクニュースじゃないよ(^-^)

元ノラ猫たちによるヘヴィ・メタル・バンド、デビュー・シングルをリリース
Screenshot_20210402-193355_Chrome


【転記】
元ノラ猫Roope-Shakirがフロントを務めるヘヴィ・メタル・バンドCATTERAが今週(4月1日)、デビュー・シングル「Hunger Of The Beast」をリリースした。


収益は、ニューヨーク・ブルックリンにあるボランティアにより運営されている猫の愛護団体Whiskers-a-GoGoへ全額寄付される。

Roope-ShakirはWhiskers-a-GoGoにより保護され、現在の飼い主、Fearlessレコードのプロダクト・マネージャーAnna Mrzyglockiさんに出会ったという。Roope-Shakirは、「ストリート出身だと、言いたいことがいっぱいある。助けたい仲間がたくさんいる。ラッキーなことに、自分には業界にコネがあり、ハードなキャット・メタルな曲を作り、俺らの言い分を広めることができる」と、コメントしている。

Mrzyglockiさんによると、Roope-Shakirにはスターの力量があり、CATTERAは単なる“作られた”バンドではないそうだ。

バンドは4ピースで、他のメンバー3匹もニューヨークの路上でレスキューされた猫たちだという。

――――――――――――――――――――――――――

猫とメタルは相性いいね♪
CATTERA - Hunger Of The Beast


購入はこちらから 


微力ながら、猫ちゃんたちの支援に繋がるようにと願って、さっそく購入しました(*´ェ`*)っ
Screenshot_20210402-193730_Gmail









杉本彩さんが動物保護活動を始めた理由

ペットを迎える前に、一読ください。


杉本彩さんが動物保護活動を始めた理由

img_7d58ac836d52b5f25bcb1794bdff0620141615

私が動物保護活動を始めたのは約28年前。まだ20代半ばでした。東京都内の撮影所敷地内で生まれた、飼い主のいない猫(野良猫)の子をたまたま保護したことが始まりです。

子猫の顔は鼻水でぐちゃぐちゃ。眼球が見えないほど目の症状も悪化していました。まだ抵抗力のない子猫は放っておけば死んでしまいます。マネージャーに指示をしてキャリーケースを購入し撮影の待ち時間に保護に向かいました。「早く保護しないと!」という思いから心ここにあらずとなり、撮影に集中できなくて、そんな私のためにも一刻も早く保護しようと必死でした(笑)

私が行くと親猫はどこかに身を隠し、子猫は意外にもすんなりと保護できました。翌日、動物病院に入院させ1週間くらいで症状は回復。家に連れて帰って里親を見つけるまでお世話することにしました。

本来なら保護した私がそのまま飼い主になれればいいのですが、うちにはすでに2匹の猫がいて、家族として迎えてくれる方を探しました。芸能プロダクションから独立して会社を起業したばかりのまだまだ未熟な私が、3匹目を迎えるのは賢明ではないと思ったのです。

お世話している間、真っ白の子猫に「チロ」と名づけました。「シロ」が赤ちゃん言葉で訛って「チロ」です。動物と接していると、どうしてもこうなります(笑)

チロとどれくらい一緒だったでしょう。多分、1ヶ月くらいかと思います。情が移るのに時間はかかりませんね。保護して、治療して、お世話して、一緒に眠る、、、。

私の顔の横にぴたりと顔をひっ付けて眠る甘えん坊の子猫。

私を信頼して懐いてくれ、幸せなひとときをたくさん与えてくれた子猫。

「ずっと傍に置いておきたい」これが人間の心情です。

でもある日、里親希望の方が現れたと連絡を受けました。ほっとした気持ちと寂しい気持ちとが入り混じり、わかっていたことなのに、とても複雑な心境になりました。寂しさが増さないよう愛情をセーブするなんて、やっぱりできませんでした。

チロの譲渡の日、道中、私はずっと涙をこらえていました。
けれど、いざチロをお渡しする時には不覚にも涙が抑えきれず、止めどなく溢れてきました。 

「そんなに悲しいならいいんですよ、断ってもらっても」そう声をかけられました。先方も引くくらい泣いていたと思います(汗)

それでも自分の気持ちを優先して先方の言葉に甘え、チロを連れて帰ることはしませんでした。あの時なぜ、あんなに悲しかったのにチロを譲渡したのか、、、。

それは、また同じように救いの必要な猫と出会ったら、助けたいと思ったからです。寂しさや悲しさに耐えられず私の気持ちを優先するのは、何か違うような気がしたのです。

一番大切なのは、保護したその子が最も幸せになる選択をすること。動物保護のいろはもわかっていなかった28年前の私ですが、今となっては、動物保護の基本を心で理解していたのかもしれませんね(笑)

これをきっかけに猫の保護と譲渡活動、そしてTNR活動(外で暮らす猫の不妊・去勢をして元の場所にリリースする)を始めました。動物保護活動には、「動物が好き」「動物が可愛い」と思う感情以上に「動物の幸せを願い行動する」という強さと覚悟が必要です。それは、一般の飼い主さんにも言えることかもしれません。

日本人は動物愛護の精神が豊かだと感じます。動物が好きで可愛がる方が多いです。だから動物のテレビ番組やYouTubeも人気なのでしょう。でも、動物の幸せを考えるなら「可愛い」「好き」という感情だけではだめだと思います。

「動物愛護」という人間を軸にした感情だけではなく、「動物福祉」という動物の幸せを軸にした視点が必要です。動物がどんな行動欲求を持っているのか、心身の健康を守るための最低限の知識を得て人間の目線ではなく、動物の目線になって動物の気持ちを考える努力が必要です。私の動物に関する活動は、猫の保護と譲渡活動を経て現在に至ります。

そして、この活動の中で様々な問題や事件を知ることになりました。保護しているだけでは終わりのないことに気づかされます。動物に関する未熟な法律、ペットショップにおける子犬子猫の展示販売の実態、犬猫の殺処分問題、、、。こういう問題を知ってもらい、声を上げることが必要だと思いました。

それで、まずは個人で署名運動をしたり、啓発活動を始めたのです。また、犬猫だけではなく、動物の問題はあらゆるところにあると気づきます。人間の管理下にいる動物の多くが酷い扱いを受けている事実を知りました。実験動物、産業動物、動物園や水族館の展示動物などもそうです。動物福祉とは、人間が動物を利用することを認めた上で、その命を軽視せず、感受性ある存在として不快な思いをさせないことです。痛みや苦しみを与えないように配慮することが最低限必要なのです。

そんな動物福祉が、日本は世界水準よりはるかに劣っていることに憤りを感じます。最近メディアでもよく使われる「アニマルウェルフェア」という言葉は、「動物福祉」を意味するものです。耳にされた方も多いのではないでしょうか。


続きを読む
ギャラリー
  • くろちゃんのその後
  • 届きました!Yunka「Re:set」
  • その後のその後。
  • その後のその後。
  • その後のその後。
  • ペット業者の生後56日以下の犬猫の販売廃止に!
  • Crystal Waters 
  • 本格的なSoulシンガー現る
  • 本格的なSoulシンガー現る
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ