好きな音楽とその他

好きな音楽やその他気になる話題を不定期に書いていきます。ライトな宇野昌磨選手のファンです。

映画

観に行ってきました!

前から観たい映画リストの中から、「SLEEP マックス・リヒターからの招待状」を観に行きました。
「ステージ・マザー」は都合つかず残念しました( ;∀;)

「マックス・リヒターからの招待状」の感想はTwitterで簡単にまとめました(*´ェ`*)っ


こちらは入り口の外の壁にあるポスター。近々公開予定のもの。
20210404_150740


補足すると、二回も寝落ちしてしまいました。
でも、それでも問題ないのよw
美しい眠りを誘う音を追求してるわけだから。
寝ている間はもちろん内容は飛んでしまいますが、それすらありなんですよ♪
音楽が流れると自然と眠くなり、気がついたら、目覚めがすっきり。
日常や抱える悩みや、幸せか不幸せかを考えることも必要ない、まさに無になる瞬間があり、これこそストレスから解放される癒しの瞬間なのか?
これは不思議な経験で、音楽という芸術の先には、どんな立場の人でも共有できる充実感に満たされた空間があるのだという発見がありました。
観に行けて良かったです✨

イルミナティ/世界を操る闇の秘密結社と鴨しゃぶ&町家カフェ「空」


2月10日(水)に劇場まで観に行きました。
イルミナティ/世界を操る闇の秘密結社


pre_sp_bg



その前に、鴨しゃぶ&町家カフェ「空」へ行きました♪
IMG_20210210_124547_912
IMG_20210210_124547_933
IMG_20210210_124547_940
IMG_20210210_124547_943


ランチタイムなのにオーダーしたのは、コーヒ―とわらび餅です! 
ランチメニューじゃないの?て感じのリアクションだったかな?
ごめんなさいね。やっぱりお肉は躊躇してしまい、頼めなかった( ;∀;)
とはいえ、落ち着く空間で静か~。
それから、水がめちゃ美味しくてびっくりした!
水が柔らかい!
この水でコーヒ―入れたら美味しいに決まってるわ!
一杯では物足りないくらいでしたが、ランチより高くなるのでコーヒ―のお代わりは残念しました。
かなり贅沢なカフェタイムでした♪

平日であったせいも有るかもしれませんが、お一人様が多くて安心しました。
鴨肉のカレーうどんを頂いた後に〆でぜんざいをオーダーされてる人もいてました。
ぜんざいは期間限定で、わらび餅と悩みました。
ぜんざいも食べたかったなぁ。
流石にわらび餅の〆にぜんざいは無理だったw

何故わざわざ寄ったかと言えば、劇場から近いのと、実は、宇野昌磨選手が来店された事があるのですよ!
サインと写真もありました(  ̄▽ ̄)
写メは許可得て撮影しました。
これならギリギリ大丈夫かな?
イメージだけでも伝わると思います。
20210213_165713


お店のインスタグラムに宇野昌磨選手が訪れた時の写真とサインが公開されてます。
この時の写真とサインが店内に展示されてました(^-^)
https://www.instagram.com/p/BoVffAAFp-H/?igshid=1ia96dvuzmlfj



そして映画は、水曜日はサービスディでもあり、思っていた以上に人来てました。
座席は50%に減らしてたとはいえ、完売だった。
客層は男女の比率はあまり差がなかったし、年齢層も色々でした。
年配のご婦人も観に来ていたり、幅広く興味を持たれている作品なんだなと思いました。
二人組で来ていたのは一組で、他は全員お一人様でした。

一切感想やネタバレなしでこれから観ようと思う方は、このあとは読まないでくさたい。






イルミナティの歴史や階級の話が中心で、難しかったです。
ドイツ人の名前て分かりにくい。。人物の名を何回聞いても覚えられないw
イルミナティの歴史学者たちが語り、その内容を再現するイメージ映像が映し出される構成です。
今も存在するのか?都市伝説か?
その疑問に対して、けっきょく、そういう結論付けをしたかったのだなという感想にはなりましたが、世の中のフェイクニュースや噂に惑わされない為には観る目を養わないといけない。
支配されるかどうかは、自分の視点や解釈、情報に惑わされない洞察力をもつべし、、ということなのかな。
マスコミの誘導に流されるな。←これは私の見解。
本来のイルミナティの目指す世界や考え方は、自由や平等、平和に基づくものだということであり、噂が噂を呼び、本来のものから離れた認識になっていることは否めないという事が分かりました。
イルミナティとかフリーメイソンとか抜きで、マスコミこそ、この世の支配者であり悪でもあると痛感しました。
物事や人は良い様に見えても実は悪であったり、表向き悪い事であっても実は良いものである。という考え方に託されているなぁと思いました。

映画の前に予習


せめてこれくらいは知っておかないと(  ̄▽ ̄)
映画観る前に予習しますw

諦めていた映画ですが、行けることになりました\(^_^)/
上映スケジュールを観に行くと、昼間に上映の日もありました!
ということで行きます。

観たい映画についてはこちらで紹介してます。


あと、劇場近くに行きたい店もあり、ついでに予約しました(*´・∀・)ノ 
店の詳細は今日は書けませんが、お肉は食べれないので、ランチはやめてカフェの利用でわらび餅をオーダーしようと思います。
ネット予約の際にその様に一言コメントしました。
お一人様だし、店内広そうだし、滞在時間は一時間くらいだし、密を避けて予防対策して静かに楽しむのなら、不要不急以外の外出もありでしょ。

3月上映「SLEEP マックス・リヒターからの招待状」


コロナ禍に入り、習慣や生活様式の変化があり、前みたいにコンサートは厳しくなりました。
開催されても以前のような熱気の渦を体験するはしばらく無理だろう。
コンサートが一番好きな娯楽だったので、楽しみをどこに向けるか、変えていくしかない。
そんな中で、私は映画を楽しむ方向に変えました。
コンサートに行かなくなり(行けなくなり)、音楽ドキュメンタリーの映画は特に気になります。


これは、劇場で寝てしまうかもしれないw
映画「SLEEP マックス・リヒターからの招待状」


SLEEP_B5_H1_N_ol-768x1082

マックス・リヒターは存じませんでしたm(_ _)m
クラシックとエレクトロミュージックを融合した音楽で、ポスト・クラシカルというジャンルだそうです。
彼はそのジャンルにおいて影響力あるアーティストさんです。
眠りをテーマに、ベッドも準備された会場で、寝るのも歩きまわるのも、自由な状況で開催された音楽イベントとは!!
生演奏で質のよい眠りを誘う音質を再現するのはかなりの難解な作業だろうと思います。
会場に来た人たちの反響とか重ねて興味あります。
ていうか、夜中~演奏し続けるの過酷じゃね?(@ ̄□ ̄@;)!!



ヴィヴァルディの四季をリメイクされていて、これが衝撃作でもあったようです。
マックス・リヒター ヴィヴァルディ四季「冬」より



私の中では四季「冬」はこれです。脱線してすまぬm(_ _)m
2018平昌オリンピックの宇野昌磨選手
氷上の宇野昌磨選手は動く芸術です。




脱線しましたが、「SLEEP マックス・リヒターからの招待状」の予告編です。
観に行くか未定ですが、行けたら行く(*´・∀・)ノ

ボブという名の猫 2 (ФωФ)

観たい映画情報きましたー!!
公開日を知りたいな~


20210130_120138


公開日、いつ分かりますか?←しつこいw
ギャラリー
  • くろちゃんのその後
  • 届きました!Yunka「Re:set」
  • その後のその後。
  • その後のその後。
  • その後のその後。
  • ペット業者の生後56日以下の犬猫の販売廃止に!
  • Crystal Waters 
  • 本格的なSoulシンガー現る
  • 本格的なSoulシンガー現る
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ