好きな音楽とその他

好きな音楽やその他気になる話題を不定期に書いていきます。ライトな宇野昌磨選手のファンです。

2020年09月

Arcade Fire - Neighborhood

さて、今日の音楽!
アーケイド・ファイアのこの曲を貼り付けちゃる♪
Arcade Fire - Neighborhood
カナダ出身のインディーズバンドですが、初めてこのバンド聴いてあらためてオルタナティブの可能性を感じたのと、アコーディオンを使うのが斬新で音楽て自由でいいなぁと思いました!
音楽を心底好きなのが伝わります!


アルバム「フォーネラル」に収録されてます♪
_SY400_
お葬式というタイトルにびっくりでインパクトありましたw 

季節の変わり目に聴いてみたい曲

私は音楽ブログを書いてるわりには引き出しが少ないし、そもそも詳しいわけではありません。
たまにジュリア・フォーダムが聴きたい衝動にかられます。
多分季節の変わり目だから?


Julia fordham - l thought it was you
ジュリア・フォーダムの中でも私が一番好きな曲がこれです!
異論は認めんw

この声にこのメロディありなんよ。
ほんとスゴいわ。
神曲!!

皆様コーラス部分の曲にお気づきでしょうか?

宇野昌磨アップロードチャンネルで本田真凜選手と友野一希選手が出演、楽しいトークにニンマリでありました!
第二段も楽しみですね☆

さて本題に入ります!
0:27~0:32のあたり、オープニング曲直後のコーラス部分に注目を!!
コーラス部分の曲に皆さん、もうお気づきですか?

因みにこのYouTubeチャンネルのオープニング曲は以前にこのブログで紹介しました。

オープニング曲の直後のコーラス部分もあのTEEN POP ROCKからのナンバーでありました!!
あらためて収録されているアルバム「TEEN POP ROCK」はこれです♪(YouTube Musicより)
アーティスト名はTyler Van Den Berg他となってます。
コーラス部分で使われてる曲はこれです(・ω・)つ
Tyler Van Den Berg他「I wanna be your man」
YouTube動画のアーティストチャンネルにはこの曲が見つからなくて動画で視聴はできませんでしたm(_ _)m
YouTube Musicにはあるのですが・・


Amazonでダウンロードは出来るようです(*・ω・)つ
もし良ければお試しあれ(*´・∀・)ノ

★補足
私は使ってないけどspotifyで見つかるかもしれません。

Stevie V

久しぶりに90年代ソウルを聴いてみたくなり、あるアーティストさんの作品を探してみた(*´・∀・)ノ
Stevie Vてご存知ですか??
Stevie BじゃなくてStevie V です!
昔、深夜放送でソニーミュージックTVてやつをしていて、ひたすらミュージックビデオが流れる番組がありました。
80年代~90年代に移り変わる時期は音楽シーンは新しいエッセンスと昔ながらの良さを融合させてジャンルが細分化していきました。
その中でSoul、R&Bもハウスミュージック、クラブミュージック、レーヴミュージック等と言われるジャンルが広がっていました。
デジタル化した音もあれば、多彩なジャンルを取り入れた個性的かつカッコいいグルーヴ感を生み出したものもありました。
どちらかと言えばメジャーでない音楽であったものが、市民権を得た時期だったと思います!

最近また聴いてみたくなったアルバムです(YouTube Musicより)
Screenshot_20200917-210023_YouTube Music
さっそくダウンロードしたよ♪

こちらは私が初めて聴いたStevie Vの曲です(*・ω・)つ
Stevie V-Body language
カッコいいでしょ!!
とにかくカッコいい!!
ソウルミュージックとハウスミュージックを融合させ、ラップも取り入れ、演奏もしっかりしたカッコいい成分ばかり( 〃▽〃)
また女性ボーカリストの声質が心地よくてサウンドにピッタリとハマっております♪

Stevie Vは何者なのか?当時の活躍ぶりやその後、現代にわたり情報が分からないままであります( ;∀;)
アルバムも「Adventures of Stevie V」しかないと思います。多分。。
Adventures of Stevie V
Mercury
1990-01-01

実は昔、予備知識なく輸入盤持っていたのに手放したんだよね(おおバカヤローです)
もっといっぱい作品を聴いてみたかったなぁとあらためて思います!

最近観た映画 Mid90s

今月上映されてる映画Mid90sを観に行きました!
急遽、時間つくれたし無理やり行ってきた(о´∀`о)
気合い入れて「NIN」Tシャツ着てました♪

映画の感想はネタバレになるかもしれないら、ネタバレみたくない人はお帰りください。






90年代のカルチャーを細部まで再現してしまうこだわりが良かったです!

暴力を奮う兄には力で負けてしまう。
兄を見返したい、兄より強くなりたい。
口には出さずとも変わりたい意思。
そんな中で自由奔放に生きる少しお兄さん世代のスノボー少年たちとの出逢い。
いわゆる不良ね。
少年にとっては自分を受け入れてくれる拠り所であり、逃げ場。どっちだろ?
仲間との間の人間関係、時には仲間の嫉妬心、揺れ動くそれぞれの心の動きを音楽と共に効果的に表現されてたな。
あと人種問題、貧困、格差社会が背景にあることも押さえてあり、より少年たちの立ち位置や抱える問題も狭間みれた気がします。
仲間に認められたい、またその喜びを体験するにつれ、悪いことにも手を出してしまうろくでもない行為の数々。
ある種の憧れを抱く多感な時期のリアルな姿でもある。
もちろん非道徳的で不快感も生じる部分はあるけれど、映画内の少年たちのやりとりのテンポと表情の変化に引き込まれます。
そしてラストが何とも!
心の準備なしにあれは反則よΣ(゚∀゚)
もちろんトレント・レズナーとアッティッカス・ロスの音楽をバシバシとスクリーン前で受ける至福の時間を得られるだけで価値あり!w

こちらはオリジナル曲を担当されたトレント・レズナー&アッティッカス・ロスの音源♪
必聴でございますw


こちらからもどうぞ(*・ω・)つ




ご興味あればまだ映画は間に合うか?
公式サイトです!



あと挿入歌に使われていた音楽もサイコーです!
こちら参照に♪
個人的にモリッシー聴けて私得だった( 〃▽〃)
ギャラリー
  • くろちゃんのその後
  • 届きました!Yunka「Re:set」
  • その後のその後。
  • その後のその後。
  • その後のその後。
  • ペット業者の生後56日以下の犬猫の販売廃止に!
  • Crystal Waters 
  • 本格的なSoulシンガー現る
  • 本格的なSoulシンガー現る
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ