好きな音楽とその他

好きな音楽やその他気になる話題を不定期に書いていきます。ライトな宇野昌磨選手のファンです。

2020年08月

動物好きか嫌いかを理解できてる人

エガちゃんの動画

草剪くんと共演するために犬を克服しないといけないという企画で笑いましたw
犬嫌い、犬怖かったんだw
このチワプー可愛すぎてヤバくね?
自分から座り込んでさぁ懐きにいってるやん( 〃▽〃)
これは反則!
これだけ大人しくてしつけが完璧ならハードルなしで気に入るでしょう。



こちらは兄弟の好みの分かれがテーマです。
昌磨くん動物は好きではないとはっきり言いました!
それ大事なところ。
噛みつかれたら、とっさに何かされたら誰でも怖いよね。
見た目の可愛い姿が全てではない。
自分の知らない動物の姿、それも最悪を想定した上で考える力がある人だ。
みて「可愛い、癒される、動物好き」なんて誰でも言える。
癒されてる自分に満足するのが好きなだけで動物好きとは言えない事を認識できていない、いわゆる「自称動物好き」はいくらでもいます。
それを無意識かどうか分からないけど、昌磨くんは理解してるかも?と感じました。
昌磨くんが動物苦手と言われたのは「何を考えてるかわからない」事や他にも知らない一面がいっぱいあると認識できてるからこそ、安易に好きに慣れないし言えないのだと思えました。
トロちゃん迎えた時も何かあったら勝てると思った。とは!あーた小学生か?wて思ったけど、目先の可愛さだけに飛び付いたわけではなく、もしもの事を想定してるわけですよね。
ペットを家族に迎えるのにはどんな事がおこるか分からないし、それを考えられてるかどうかはとても重要な事です。
欲しいから買う、欲しいから飼うのではなく、動物について自分はどう感心を持ち認識しているか?迎え入れる前に考えておられるなと思いました。
宇野兄弟が飼っているから、トロちゃんが可愛いから「自分も犬欲しい!」ていう衝動的なノリでペットショップへ行く浅はかな人たちが現れませんようにと願います。
ペットショップに行く前に一歩たち止まって考えて欲しいと思います。

あと最近見たあるツイで、昔ウサギを外の小屋で飼っていたし病院に連れていった事もない。今はそれをSNSであげたらウサギの飼い方学べと言われるのが目に見えてる。それを公にしたら何か言われるからて悪びれることなく、いろいろめんどくさいと吐き捨てていたのを見かけました。
人としての心がないなと思いました。

その時代では普通の習慣で疑問はなかったのは理解できるけど、ウサギを扱う上で望ましくないし間違いだったと認識を変える必要はあると思います。
古い習慣や思想が良い物なら受け継がれていいけど、間違いであることや今の時代にそぐわないものは変える必要がある。
若い世代の人は特にこれからの人と動物の未来に影響するので、動物の正当な扱いを考えて昔の習慣で望ましくないことはやめて繰り返さないでほしいと思いました。

久しぶりに聴くポップ・ロック

今日は久しぶりに聴きたくなったバンドを紹介します☆
The All American Rejectsです!
THE_ALL_AMERICAN_REJECTS_edited-2


アメリカオクラホマ州出身のロックバンド。
現実みがあり親しみやすいのが特徴的でアメリカではかなりの人気で、4枚のアルバムのうち2枚がプラチナディスクなのであります!
メロディもキャッチ‐でロックに興味ない人でもとっかかりやすいんじゃないかと思います♪

The All American Rejects-Swing,Swning



私が初めて聴いたのは3枚目のアルバムからで、デビューしてからけっこう経っておりました(^^ゞ
この曲でハマりました♪
The All American Rejects-I Wannna
 

これも10年くらい前かぁ・・月日が経つのは早いな・・
そりゃ一気にババアになるわwww

昔いた職場の人で世代的に私くらいの年齢の子供がいてもおかしくないくらいの人だったけど、音楽と映画が好きで詳しい人だったんですよ。
当時はいわゆるアラカンで、まだ今の私よりも年上でしたけど、ワンダイレクションやleccaのCDを貸してくれたくらいです。
その方が私に言った事が今でも記憶に残ってます。
「自分が演歌を聴く年齢層になって、その時が来たら聴くようになるんかなぁと思っていたけど、歳をとればとるほど益々演歌がキライになるねん!何で女が苦労したり尽くす世界がよいんや。むかつくねん!!」てw
その方は若い時からご主人の両親の介護で苦労されてたり色んな試練も耐えてきたからこそ、自分の苦労を思い出してそういう感性になられたのかも知れません。

年相応なんていったい誰が決めるんだろう?
年相応の態度や社会性は必要かもしれないけど、趣味趣向にトレンドや年相応なんて必要ないんだとその方を見て思いました!
自由に聴きたい物を選べるリスナーは年齢の壁がないし、同世代と違う好みでも何ら恥ずかしいことはない!と気持ちが軽くなったことを思い出します。

★書き直しました!宇野昌磨アップロードチャンネルの曲

おはようございます。
朝起きたら勝手にスマホからブログが開かれていて、何故か記事ごと消えてた( TДT)
もう一度書きます。

こちらは既出だけど簡潔に昨シーズンの経過と様子がまとまってる良記事です。
20200805_201833
20200805_201911
20200805_201954
実は画像がほしかった・・w


そして昌磨くんのYouTubeチャンネルが設立され、2回目の更新がされました。
2回目は本人が解説する贅沢な内容( 〃▽〃)
最後のフィニッシュ、真顔でボケるのも音ハメも完璧で笑たw
そして辛辣な評価w
次回の更新が楽しみ!

本題に入りますが、チャンネルのタイトルの画像と使われてる曲が何気にカッコ良いい!
20200810_003246

曲に関する情報がなく手がかりつかめずなんだけどインディーズ系?という自分の勘しか頼るものなし。
絶対にメジャーではなさげ。
キャッチーで軽やかなポップ・ロック、メロディック・パンクという感じ。
曲調はティーンズ向けなポップ・ロックじゃね?
まさかね、TEEN POP ROCK(ティーン・ポップ・ロック)てまんまじゃん♪w
一曲目聴いてこれ?て思ってしまうくらい、ボーカルの声やキャッチーな感じに期待。


聴き進めていくとあったー!!!
これや!!!
・Tyler Van Den Berg他「We Could be that Failytale 」
YouTube Musicは便利じゃのうw


YouTube動画チャンネルもありました。
ここからも音源が聴けます♪

しかしアーティスト情報ないし、今も活動してるのか分からないし、メジャーには程遠いよね。
国内では情報が入らないようなアーティストさんの曲を宇野昌磨アップロードチャンネルで使われたのスゴくね?
この曲を選んだのは誰なんだろう?
何故この音楽にたどり着いたのか?
すげーや!!マジ尊敬するわ!!
宇野陣営すげぇw♪

タバコ、トレント・レズナーとコラボの新曲発表(^o^)

うわーい!またトレント・レズナー活躍w
タバコとコラボ!!


左:タバコ(TOBACCO) 右:トレント・レズナー
Tobacco-and-Trent-Reznor--720x458


記事で紹介されたタバコの新曲♪
イントロがNINやん!ていうか癖になる♪♪
いいぞ、もっとやれ( 〃▽〃)
しばらく生きていける!!!
ありがたや(*・∀・*)ノ


こちらもニュースになってます☆


タバコのアルバム詳細です。コピペしましたw
 ↓
『Hot Wet & Sassy』
2020年10月30日(金)リリース
PLANCHA / Ghostly International
ARTPL-141 / GI-366J 2,000円+税

■TRACK LIST:
01. Centaur Skin
02. Pit
03. Headless to Headless
04. Stabbed by a Knight
05. Chinese Aquarius
06. ASS-TO-TRUTH
07. Jinmenken
08. Babysitter (feat. Trent Reznor)
09. Road Warrior Pisces
10. Poisonous Horses
11. Mythemim
12. Body Double
13. Motherfuckers 64
14. Perfect Shadow

◆TABACCO オフィシャルサイト

シガーロス

最近、ブログ書く気力なしな毎日(汗)
手抜き投稿します(*´・∀・)ノ

シガーロスの中で一番好きな曲
sigur rós gobbledigook

これ、凄いね♪
リズム隊がえげつない! 
変拍子の不思議なノリとファンタジー感あるメロディがボーカルのファルセットボイスと合っていてお見事(ノ゚∀゚)ノ
シガーロスはアイルランド出身のバンド。
ポストロックと言われてるけど、ブリットポップ、アンビエントの要素があるなど多彩な音楽だと思ってます。
彼ら独自のもので他の何者でもない。

ギャラリー
  • くろちゃんのその後
  • 届きました!Yunka「Re:set」
  • その後のその後。
  • その後のその後。
  • その後のその後。
  • ペット業者の生後56日以下の犬猫の販売廃止に!
  • Crystal Waters 
  • 本格的なSoulシンガー現る
  • 本格的なSoulシンガー現る
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ